PR

  

2009年08月29日

●センコロール観てきました

090829a.jpg小さい映画館でしたが満席でした。


[良い] か [悪い] の二択だったら、[良い] の方でしょう。


キャラクター描写(とくにユキ)や、美術のクオリティはかなり高い。
監督・脚本・作画を一人でやったというんだから、なおさら凄い。


ただし、物語として観たら、 [う~ん] と首をかしげてしまう。

最初、ユキが偶然センコの存在を見つけて興味を持つ。
ここまでの導入は良かった。
クルマに乗ってプリン買いに行くとこまでは。


詳しくは書かないけど、
その後、敵が出てきて次からつぎに不思議な能力がでてくる。 
腕はどうなっちゃたの? コントロールの概念がよくわからん。
なにか解らないうちにバトルが始まって、なにか解らないうちに終わっていた。
ダイジェスト版を見せられたような感じ。


やはり、30分だと短すぎる。 もっと色々と観たい。
せめて60分使うことは出来なかったんでしょうか?
一人で2年半という歳月をかけて大変なのはわかりますが。


つうわけで、続編を強く希望します。 絶対観るから。


あと、DVDの発売が10月に決まったようですが、
この作品はブルーレイで出すべきだと思います。
ほんと美術が綺麗に仕上がってるんで。


CENCOROLL センコロール オフィシャルHP

Posted by haine at 23:16 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2008年03月13日

●6月26日はスティッチの日

試作品626号にちなんだ6月26日が、日本記念日協会によって「スティッチの日」と正式に認定されたようです。 DVD発売以外になんかイベントあるかな?

さらに、秋には国内制作のリロ&スティッチTV新シリーズも始まるそうで、舞台はなんと沖縄! なんかスゲーw

Posted by haine at 10:54 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2007年09月26日

●ウミショー最終回(ネタバレあり)

Cパートorz  『沖縄編やるならやれ、やらないなら一切やるな』とスタッフに言いたい。あれだけ原作のストックあればもう1クール作れるでしょ。 中途半端も甚だしい。 あむろの母親でか過ぎ。。 

眠いzzz

Posted by haine at 02:27 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年09月17日

●らきすた最終回のEDは・・・(ネタバレあり)

うる星2ビューティフルドリーマーでしたけど、文化祭(学園祭)つながり? OPが無かったんで「もってけ~」がEDに来るかと踏んでたら、見事に裏切られましたorz  それも白石って…

Posted by haine at 00:54 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2007年07月28日

●「色の白いは 七なん かくす」

070728a.jpg劇場版どうぶつの森で、サリーあいに贈った写真に書いてあった言葉です。 漢字で書くと「色の白いは七難隠す」 意味は…
 『肌の色が白ければ、少しくらいの欠点は隠れて、美しく見える。(大辞泉)』
 『色白の女性は多少顔立ちが悪くとも美しく見える。(大辞林)』
…だそうです。 見た感じサリーは欠点なんてなさそうですが、顔立ちはちょっと。嫌いじゃないですけどね。 ちなみにゲームの方でも「好きな言葉」は同じで、もらった写真を前にAボタンを押すとこの言葉が出てきます。

この映画を観て、一番良かったキャラクターはこのサリーでした。

Posted by haine at 23:22 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年08月18日

●花田少年史 DVD-BOX

花田少年史 DVD-BOX花田少年史のDVD-BOX買いました。今日から公開される実写映画のTVアニメ版。全25話収録&フィギュア付きで定価19800円とお買い得プライス。

昭和の田舎を舞台にした、主人公「花田一路」とオバケによるドタバタ感動物語。 番宣を見たら思いっきり子供向きの内容なのに、実は全然大人向けで涙を誘う深~い作品。下品なネタと感動の繰返しで、私のような人間向きですwww

数年前に放送された東京ローカルの深夜アニメなのですが、放映時間が遅すぎるし不規則だし、結局数話しか見れずに終わってしまいました。 深夜アニメと言っても、声優は豪華、背景は綺麗、そして人物の描写は良いし作画は崩れていないし、文句の付けようがありません。 お薦めの作品です!

Posted by haine at 03:01 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2005年07月16日

●お薦めの一枚 しましまとらのしまじろう

050716a.jpg【タイトル】しましまとらのしまじろう 〜ちゃれんじじまの仲間たち〜
【販売元】ワーナーミュージック・ジャパン
【品番】WPCL-813
 ※現在は廃盤です

今回紹介するお薦めの一枚は、TVアニメ「しましまとらのしまじろう」のCDアルバム。しまじろう黄金期(と勝手に思いこんでる)の94年春に発売された古いものです。もう10年以上も前か…あの頃のしまじろうは面白かったなぁ…と思いにふけながら聴いています。

内容は主題歌とミニドラマ、そして各キャラクターの歌というありふれた構成。ですが歌も弾けてて良いし、ドラマも短いながらもよくまとまってます。なによりも聴いて楽しいです。

「しまじろうの家に最新式のカラオケセットが来たのでみんなで歌おう!」ってことでキャラクターが歌います。なかでも、とりっぴぃの『サンバでチャチャチャ』はノリノリで最高、合いの手が良い味だしてます。みみりんが歌う『願いをこめて』もアイドルソングっぽくて好きですね。 残念ながら放送一年目に企画されたCDなので、トミー(しまじろうの従兄弟)は出てきません。

童謡等しまじろうに関係ない歌は収録されていないので、純粋に作品を楽しみたい人にはお薦め。現在は廃盤ですが、中古やオークションで見つけたらぜひどうぞ。しまじろうマニア必須の一枚です。

Posted by haine at 01:47 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年06月11日

●竹男さん結婚

1月30日にプロポーズした大森竹男さんですが、本日、花田先生と無事結婚されたようです。なお、式は教会式でした。 おめでとうございます。

Posted by haine at 13:52 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年05月31日

●カンベンしてちょ!  木村千歌

カンベンしてちょ! あずきちゃんを描いている木村千歌の作品。ちと興味があったんで読んでみました。

主人公のちーはスガワラ君に片思い。スガワラ君はちーの気持ちを利用して宿題のコピーやパソコンを使わせてあげたり。。。だんだんとエスカレートして、あんなことまでも! それでもちーはますますスガワラ君に惚れてしまう。。。校舎の裏、体育館、自宅、公園、そしてラブホ…もう、スガワラ君の言いなり…やりまくり… 読んでるこっちが「カンベンしてちょ〜」って感じw 健気なちーを見ていると、こんな男に惚れてええのんか〜おまいは利用されてるだけだーってって言いたくなる。

あずきちゃんのような純情ラブストーリーとは違うので要注意。はっきり言ってエロです(笑)

Posted by haine at 00:22 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2005年05月28日

●姫ちゃんのリボン

姫ちゃんのリボン DVD-BOX姫ちゃんのDVD-BOXが出るー!! 今頃気づいたよ。 欲すぃ〜 昔、LD-BOX買えなかったし。今度こそ…。昨日は「のらくろクン」が欲しいと書いたばっかりなのに、欲しいものがどんどん増えていく。

このアニメを知って、パソコン通信のめり込み、オフ会を通じて色んな人に出会いました。 もう何年になるんだろう、アニメ開始から12年前? あの頃は若かった…梅田の駅前でイケイケゴーゴーやってたもんなぁorz それに、草彅剛がまさかここまで売れるとはw

Posted by haine at 09:50 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2005年05月27日

●のらくろクン

その昔、のらくろクンというアニメがありました。「のらくろ」のことじゃないよ、昭和の終わりに放映された「のらくろクン」ね。


原作はもちろん田川水泡。でも、のらくろとは全然違う。のらくろの孫が中心の活躍するファミリー?いやギャグ?アニメ。キャラクターも一部を除いて犬じゃなくて人間という変な世界。もうなんだかよく解んない。舞台は世田谷のような住宅街でした。


このぶっ飛んだストーリーは浦沢義雄氏のシリーズ構成によるもので、毎回度肝を抜く展開に感心してました。後に、おそ松くん・平成バカボンへと路線は引き継がれて行きます。


声優は、坂本・八奈見・滝口・三田・玄田・土井・松井・千葉と、苗字だけで誰か解ってしまうというすっげー豪華メンバー。今でも一線で活躍している方ばかり。キャラデザインはもりやまゆうじ氏。音楽は後に古畑任三郎などのドラマ音楽で大ヒットした本間勇輔氏。エンディングはサマンサジルズのカバー、歌うのはアイドルデュオBaBeだ。南家こうじ氏のOP/EDアニメも見逃せない。


とまあこんな感じで、スタッフに恵まれていたアニメだけど、原作の名前を借りただけと酷評されたり世界観が受け入れられず、影の薄い作品になってしまった。でも私は好きで、毎週日曜の6時を楽しみにしていたんだー(遠い目)


ところで、、、amazonをみてたら、のらくろクンのDVD-BOXが出ているではないですか。それも発売日は今日だ! 欲しいよ~! 新小岩博士の力でなんとかしてください!

Posted by haine at 17:21 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年05月26日

●あずきちゃん(その2)

ブックオフでコミックスがあったので全部買ってきました。

この前の続き、中学生編をいっきに読みました。 あずきちゃんをとりまくキャラクターも随分と変わって、別作品のようです。

あずきちゃんが竜一とくっつき勇之助くんのことを次第に忘れ、勇之助くんは3巻の後半から4巻にかけて出てこなくなってしまう。勇之助くんのことばかり考えていた日々はなんだったんだろう? 読んでて悲しくなってしまった。 しばらくして勇之助くんは日本へ帰国したが、この帰国がもう少し遅ければ勇之助くんとは永遠に一緒になれなかったのかも知れない。

物語はあずきと勇之助が結ばれる形で終わった。めでたくハッピーエンドってわけだ。が、なにかしっくり来ない。竜一のことを考えると。彼は見た目はチヤホヤしているが、勇之助くん以上にあずきちゃんのことを好きだったと思う。あずきちゃんを振り向かせようと必死だったし。

この作品で描かれているほとんどは、あずきちゃん中心の恋愛だ(当然なんだろうけど)。 でも、クラスが一緒になったかおるちゃんとケンちゃんのことも読みたかったし、別の中学校に行ったジダマのことや恋愛以外の学校生活なんかももっと読んでみたかった。

Posted by haine at 14:35 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2005年05月22日

●あずきちゃん

池袋の漫画喫茶に行ってきた。

これといって読みたい漫画も無かったので、適当に本を探しているとあずきちゃんのコミックを見つけた。前にNHKでやってたあれか…って感じで手に取り、席に戻って読んでみた。

……ハマったw

しかし、3時間パックの時間が来たので2巻の小学生編だけ読んだ。

夕飯を食べたあと赤羽に移動して再び漫画喫茶に。続きを読むのだ。中学生編だ、ワクワク

…しかし、ない orz あずきちゃんがないのだ! (゚Д゚)ゴルァ

暇だ(´・ω・`) ここでも3時間パックで入ってしまった。なんか読まんともったいない

手にしたのが「新・水色時代」。いや、あずきちゃんの代わりっつーか、なんかこういうの読みてーなーって。「新」は読んだことなかったし……夜は更ける。

Posted by haine at 03:52 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年03月04日

●まじめにふまじめかいけつゾロリ

昨夜、蒲田の駅前でゾロリのラッピングバスを見た! テレビ朝日の番組宣伝で東急バスの路線バスとして普通に走ってました。格好よかった!写真撮りたかったけどカメラ持ってなかった、残念。

んで、アニメのゾロリ。番組開始から1年目の先月から「まじめにふまじめかいけつゾロリ」というタイトルに変わってしまった。また、監督とシリーズ構成の変更、そして製作会社にサンライズに加わった。たったそれだけのことなのだが…今までのテンションをそのまま続けて欲しいと切に願うのです。
個人的にはアイキャッチのなぞなぞは要らないかと…。

Posted by haine at 14:59 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2005年01月31日

●中尊寺ゆつこ氏死去

Yahooニュースより

流行語となった「オヤジギャル」の生みの親で、文化から時事問題まで幅広い分野を扱った作品で知られる漫画家の中尊寺ゆつこさんが31日午前、東京都内で死去した。42歳だった。

42歳で亡くなるとは…ご冥福をお祈りします。

Posted by haine at 16:37 | Comments [5] | Trackbacks [0]

●竹男さんプロポーズ!

2chニュース速報板 【コボちゃん】大森竹男ついに結婚か!?【読売新聞】 より

1 名前: 番組の途中ですが名無しです 投稿日: 05/01/30 08:42:20 ID:wsPAMOdt

ついに花田先生にプロポーズ!
相手もOKした模様

ソースは今日の読売朝刊


昨日の読売朝刊のコボちゃんで、ついに竹男さんが同僚の先生にプロポーズ!
去年の後半、読売新聞に作者の植田まさしのインタビュー記事が出ていて、そこには「コボちゃんに妹か弟、竹男さんの結婚」と今後の予定が書いてあったけど、こんなに早く実現するとは!

で、気になったのは、竹男さんの苗字って大森っていうは知らんかった。あと、女の先生は花田先生っていうのか。。。

Posted by haine at 12:07 | Comments [2] | Trackbacks [0]